白地木綿浦島物語文様浴衣
江戸時代後期

 浴衣(ゆかた)の名称は、蒸し風呂内で着用した麻製の「湯帷子(ゆかたびら)」に由来。湯船につかる入浴が一般的となる江戸時代中期以降、風呂上がりや銭湯への行き帰りに着用する木綿浴衣が広まります。江戸から明治期頃までの浴衣は、藍の絞り染や中型(型染)によって染められた単色のものが主流ですが、中には驚く程大胆な模様や粋なものも見られます。
 非常に細かい線で緻密に描かれた玉手箱、亀、翁、竿は浦島物語をあらわしている。何枚もの型紙を要する見事な地白の作品です。(価格:お問い合せ下さい)

更新情報
サイトに掲載の商品につきましては「お問い合せ」より何なりとお尋ね下さいませ!
現在実店舗の営業時間を18時30分までに短縮しております。m(__)m

●インスタグラム始めました! @konjaku.nishimura よろしくお願いいたします!

2022年 8月 1日更新
●今月の Show Window を更新しました!

2022年 7月21日更新
●商品1点を追加しました!
「期間限定商品」グレー地露芝文友禅箔縫取織単衣着物


Copyright(C) 2004-2011 株式会社今昔西村 All Rights Reserved.