水浅葱地麻観世水文様熨斗目
江戸時代後期

 上下を無地、中央に模様を挟む熨斗目。江戸時代に武士の礼装として大紋、素襖、裃の下に着用し、下に袴を着ける形で用いられた。中でもこの作品は、盛夏の子供用として仕立てられた大変珍しいものである。
 細かな糸目糊で観世水模様が腰替りされている。堂々とつけられた紋は、丸に違い柏。こちらも細部まで染め揚げられているのが美しい。(価格:お問い合わせ下さい)

更新情報

2017年7月11日更新
●商品1点を追加しました!
「期間限定商品」ピンクレース織地百合文刺繍名古屋帯

2017年7月1日更新
●今月の Show Window を更新しました!


Copyright(C) 2004-2011 株式会社今昔西村 All Rights Reserved.