花紺地綾蛍狩風景文様友禅刺繍振袖
江戸時代末期

 衣裳全体に蛍が舞う水辺の風景文様である。地紋のある変わりの綾地がとても珍しい。施工は白揚げに刺繍、摺匹田と友禅の色挿しで加飾。葉脈を墨書きするなど明治期にみられる特色も窺える。
 近衛文麿公より拝領したと伝わる由緒ある作品。当時最先端の化学染料と技法を先取りし、典型的な御所解と言い切れない雰囲気が特色である。(価格:お問い合せ下さい)

更新情報
サイトに掲載の商品につきましては「お問い合せ」より何なりとお尋ね下さいませ!
現在実店舗の営業時間を18時30分までに短縮しております。m(__)m

●インスタグラム始めました! @konjaku.nishimura よろしくお願いいたします!

2022年 5月11日更新
●商品1点を追加しました!
「期間限定商品」朱暈し地絽撫子に竹文友禅着物

2022年 5月 1日更新
●今月の Show Window を更新しました!

2022年 4月21日更新
●商品1点を追加しました!
「丸帯/袋帯」銀鼠地御所解文染刺繍丸帯


Copyright(C) 2004-2011 株式会社今昔西村 All Rights Reserved.